HOME三国志事典(演義)

三国志演義の訳本

 まず、小川環樹、立間祥介、井波律子の訳本。いずれも、原典を正確、客観的に訳している。また、三者それぞれ、文体、表現などに独自性がある。
 小川版は、講談調で古風な文体。一番メジャーかも知れない。註釈もかなり詳しい。
 分かりやすさなら井波版。一番新しく癖がない。文体は丁寧で、行替えも丁度いい。
 立間版は、個々の文に無駄がなく、常に的確に要を得る。そのため、テンポがいい。最近改訂版も出版。


 また、村上知行の訳本がある。終始意訳で、個性が強い。文体も独特で、勢いがある。登場人物の一人称は、「わが輩」。隠れた名作である。
 各回、まとまりごとに小見出し。また、複数の出版社から出ているが、角川文庫版は挿絵付き。
 他には、渡辺精一の訳本がある。これは、原文の訳に加え、補足的文を(時々に)入れている。また、原文の訳も、適度に意訳してあり、分かりやすい。そして、小見出し付き。基本的に、丁寧な作りとなっている。


 なお、演義には、実際は様々な刊本がある。有名なのは、嘉靖本、李卓吾本、毛本の3つ。この順に古い。(なお、李卓吾本の正式名称は、「李卓吾先生批評三国志」。)
 上に挙げた5つの訳本は、いずれも毛本が底本。(小川版は、一部嘉靖本で補完。)

 日本で最初の訳本は、江戸時代初期、湖南文山によるもの。「三国志通俗演義」という題名が付けられた。李卓吾本(の批評以外の部分)を底本とする。(若干だが脚色、省略あり。)
 江戸時代後期、この訳本に挿し絵が付けられ、「絵本通俗三国志」と名付けられた。今でも比較的入手容易。(因みに、吉川英治の「三国志」は、文山の訳本を元に書かれたと言われる。)
 嘉靖本の訳本は、基本的に出ていないが、ネットで原文が見つかる。(例えば、「祭天地桃園結義」「帝会群臣于温德殿中」で検索。また、「三国志通俗演义」などと組み合わせる。)なお、李卓吾本(の批評以外の部分)と嘉靖本は、あまり内容が変わらない。






HOME三国志事典(演義)