HOME三国志総合事典(正史)

ナムコ三国志
 当コーナーでは、ナムコ制作のゲーム「三国志」を紹介。原作は小説「三国志演義」。基本的に、コーエーの「三國志」に似る。コーエーより簡略だが、要点は一通り押さえてある。

 第一作は「三国志 中原の覇者」。第二作は「三国志2 覇王の大陸」。ナムコの三国志は、基本的にこの二作。いずれも、ファミコンソフトとして発売された。
 「覇王の大陸」は、後にPSに移植。「ナムコアンソロジー1」というソフトに収録された。また、第一作のPSP版として、「中原の覇者 ―三国将星伝―」が発売。


「三国志 中原の覇者」
  <評価>65点

 88年発売。ファミコン。
 まず、基本コマンドは月単位で行う。また、君主ごとに「命令書の数」が決められている。(保有する城の数、及び難易度(最初に選択)に拠る。)月に実行できるコマンド数は、この命令書の数と同じ。なお、ユーザが操作する君主は、ゲーム当初に行う「性格診断」の結果に拠る。
 税収は4月、10月の二度。10月は収穫期。但し、兵糧という要素はなく、10月の税収も全て金(きん)。


 内政で重要なのは開発。対象は土地、産業、町の三つ。
 土地の開発は10月の税収を上げ、産業の開発は4月の税収を上げる。また、町の開発は人口を増やし、結果として4月、10月双方の税収が増える。

 また、倉というコマンドがある。武将・民への施し、味方の都市への輸送、及び他国への贈り物を行う。
 更に、情報コマンドにより、金(きん)、宝、武将を発見できる。宝は売ったり、他国への贈り物にできる。

 武将能力は、「体力」「知力」「武力」「人徳」「忠誠」。「体力」は戦闘で少しずつ減る。「人徳」は「情報」コマンドの成果などに影響。
 なお、武将データは、コーエーの三國志1に比べ、違和感は少ない。(因みに、発売時期は、ナムコ版が少し後。)


 戦場では、敵部隊と衝突すると、局地戦の画面に移行する。局地戦での初期配置は、予め決めた陣形に拠る。
 また、部隊ごとの兵科構成も、予め指定する。歩兵、騎兵、弓兵があり、各々数を決める。(あと、部隊全体にも属性(平軍、水軍など)が存在。)他に一騎討ちもある。
 また、計略が豊富で、火計、陥穽(かんせい)、虚兵、連環などがある。


「三国志2 覇王の大陸」
  <評価>70点

 92年発売。ファミコン。
 基本は第一作と同じ。武将の数がだいぶ増え、君主も自由に選べる。
 また、レベル、策略、兵糧などを導入。更に、店で様々な武器、防具を購入できる(一騎打ちに影響)。策略には「離間」などがあり、敵武将の忠誠を下げられる。あと、武将に寿命が設定。
 また、戦場での計略がパワーアップし、知力の重要度が増した。


「中原の覇者 ―三国将星伝―」
  <評価>75点

 2006年発売。第一作のPSP版。ファミコン版に比べ、シナリオ、武将共に増えている。
 また、第二作同様、レベルなどを導入。武器、防具もある。
 更に異民族、イベントなどの要素を追加。また、兵の種類が多く、象兵、南蛮兵などもある。






HOME三国志総合事典(正史)